予知夢を題材にした映画マイノリティ・リポート

 

 

予知夢で犯罪を未然に防ぐ映画『マイノリティ・リポート』

はじめに

映画の中には近未来の世界を描いた作品がいくつかあります。その中でも、理想の世界を題材にした作品も多いです。マイノリティ・リポートで出てくる犯罪予防のシステムもその一つです。マイノリティ・リポートの世界では、犯罪が行われる前に犯人を逮捕するというシステムがあります。確確かに、犯罪が起こってから犯人を逮捕するのでは被害は抑えられませんから、理想のシステムとも言えます。

 

このシステムは漫画の「監視官 常主朱」やそれをアニメ化した「サイコパス」でも同じようなものが出てきます。こちらは、犯罪係数を測定して潜在犯を逮捕または処刑するというシステムです。さて、マイノリティ・リポートに話を戻すと、実はこの犯罪予防システムは夢と関係が深いものになっています。この話は長くなため、あらすじで書いてきます。

 

そこで、今回は予知夢で犯罪を未然に防ぐ映画である『マイノリティ・リポート』について紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

マイノリティ・リポートの概要

 

 

フィリップ・K・ディックの短編小説『少数報告』(The Minority Report)を映画化した作品です。スピルバーグとトム・クルーズの映画会の大物による近未来SFサスペンス映画としても話題になりました。映画のみならず映画マイノリティ・リポートの続編となるテレビドラマがFOXチャンネルで放送されました。

 

 

マイノリティ・リポートのあらすじ

 

 

 

西暦2054年の未来、アメリカ政府は多発する犯罪を防ぐ策として、未来に起こる犯罪を事前に察知し、犯人を事前に逮捕するというシステムを導入した。この画期的なシステムにより、首都の犯罪は90%も減少した。主人公である刑事のジョン・アンダートンはその犯罪予防局のチーフとして勤務していた。ある日、ジョンは自分が人を殺害すると予知されたことを知り、追う側から追われる身になる。そして、ジョンは容疑を晴らすために事件の真相を探っていく。

 

スポンサードリンク

 

 

 

マイノリティ・リポートの世界と夢

 

マイノリティ・リポートの犯罪予防システムは実は3人の予知能力者によって作り出されています。予知能力者のイメージをジョンが受け取って犯人を特定していくという仕組みです。映画の世界でなくても、予知夢とか正夢という話はよく聞きます。人間に本当にそんな能力があるかどうかは知りませんが、映画としての題材としては面白い話です。夢が出てくる映画の中でも予知夢などの題材はストーリーとしても分かりやすいので今後もそういう作品が増えてきそうですね。

 

マイノリティ・リポート DVDコレクターズBOX

 

まとめ

 

マイノリティ・リポートでは予知夢により犯罪を防止するシステムを題材にした映画です。夢が出てくる映画は難解なストーリーが多いですが、予知夢の場合は比較的分かりやすいです。特にマイノリティ・リポートは予知夢と現実がハッキリと分けて描かれているので、混乱すること無く視聴することができます。しかし、予知夢が映画の世界でキーワードとなっているので、とてもおもしろい演出ができオススメの夢を題材にした映画の一つです。

 

スポンサードリンク